\ ポイント最大11倍! /

【レビュー】Anker NanoⅡ65W充電器 Macbook Airにも使える最強充電器

当ページのリンクには広告が含まれています。

充電器やモバイルバッテリーで定評のあるAnkerですが、そんな中でも最強とも言える充電器がAnker NanoⅡ 65W充電器です。
Anker NanoⅡ 65Wは持ち運びできるサイズながら65W充電が可能で、スマホだけでなくMacbookなど充電に時間がかかるパソコンなどでも重宝してます。

Anker NanoⅡ65W充電器ですが、重さなどの持ち運びはもちろん充電速度についても検証していきます!

目次

Anker NanoⅡ65W充電器の外観

ブラックの充電器は質感が良い

Anker Nano2ですが、色はホワイトとブラックの2種類があり、今回僕はブラックを選びました。なんかおしゃれなのと値段が安かったからです(笑)

Ankerの65W充電器
Anker NanoⅡ65W充電器の外観。シックな黒がおしゃれです。

コンセントの部分が折りたたみが可能で、かばんに入れても邪魔にならない構造となっています。

MacbookとAnkerの充電器
Macbookともマッチする質感の高さ!

MacBookAirと合わせて写してもこんな感じで、結構質感が高いのが分かるかと思います。
これだけ見てもブラックにして良かったなと。

重さとサイズ

Anker NanoⅡの重量は115g
重量は実測で115g

重量はおよそ115グラム。

持ち運びの充電器の中では少し重たい感じは否めませんが、僕が使っているXiaomiの純正充電器は184gほどとかなり重たいので、それに比べると随分と使いやすい印象です。

Macの純正充電器とAnkerの充電器を比較

大きさはリュックに入れても邪魔にならないサイズで、コンセントの部分もちゃんと折り畳めるので他の物を傷つけにくい作りになってるのもGood。

ケーブルも65W対応のものがオススメ

65W充電器を使う上で意外と盲点になるのが充電ケーブルで、こちらも65Wに対応したものでないとフルで充電されないので、もし使ってみて遅いなと感じたら65Wに対応したケーブルかどうか確認してみるのをおすすめします。

Ankerの65W対応充電ケーブル
Ankerの充電ケーブル

僕が使用しているケーブルは60Wまでの対応にはなりますが、それでもフル充電まで50分くらいにはなるので十分使えるレベルですね。

Anker NanoⅡ65W充電器を実際に使ってみた

120Wまで対応のXiaomi 11T Proで試す

では、早速充電器を使ってみようと思います。

ちなみにケーブルもAnkerのもので、対応出力は60Wまでです。5Wだけ少なくなりますが、参考程度にどうぞ。

8%から充電開始
約45分で91%まで充電

Xiaomi 11T Proで充電してみたところ、フル充電まではおよそ50分となりました。
実際の充電時間を見てみると、使い勝手が良いのがよく分かるかと思います。

ハイエンドモデルなどは特にバッテリーが大きくて充電に時間がかかると思うので、65W充電器を使うと便利さが実感できるかと思います。

ちなみに当たり前ですが、65W充電はスマホ側も対応していないとダメなので、スマホが対応しているかどうかも要チェックです。僕のXiaomi 11T Proは120W充電まで対応なので、こちらの充電器もフル性能で使うことができます。

GADGET LOG
【実機レビュー】Xiaomi 11T Pro 120W急速充電の威力 | GADGET LOG 2021年に発売となったXiaomi 11T Proですが、OCNモバイルでセールがあったこともあり私も少しタイミングは遅くなりましたが購入しました。以前はMi10T Proを使用しており、...

終わりに

Ankerの65W充電器ですが、持ち運びのしやすさと充電の速さが両立した使い勝手の良い充電器となります。純正の充電器が重いと感じている人は買ってみて損はないと思います。

使ってみた感じ特にコイル鳴きなども無かったので、品質面で心配という人もAnkerであれば安心して使えるかと思います。それでは。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次