ワイモバイルでPixel7aが半額の27,720円から!詳細はこちら

【画像つき】Rakuten Handでテザリングを使う方法

当ページのリンクには広告が含まれています。

容量無制限でお得に使える楽天モバイルのRakutenHand(楽天ハンド)ですが、外出先でテザリング機として使うのもかなり便利です。

街中のフリーWifiはセキュリティが心配というときも、テザリング機能を使うことでより安全に、そして回線速度も安定しているのでオススメです。
今回は楽天モバイルのRakuten Handのテザリング機能の使い方を解説していきたいと思います。

初めての申込みで13,000円分の還元! /

※乗り換え(MNP)での契約の場合

目次

RakutenHandのテザリング起動と接続方法

Rakuten Hand 5Gの外観

設定画面からテザリングをオンにする

今回はWi-Fiで接続しますが、他の方法でも基本的な手順は同じです。

設定を開いてネットワークとインターネットを選択。

アクセスポイントとテザリングを選択。

Wi-Fiアクセスポイントを選択するとIDとパスワードを設定する画面が出てきますので、設定を完了させます。

パスワードはデフォルトのものだと覚えにくいので、自分好みに買えたほうが分かりやすいです。あんまり簡単なやつだとアレなので、アルファベットと数字の組み合わせでササッと作りましょう。

これでテザリングがONになったので、あとは他の端末でWi−Fiを開いて先ほど設定したパスワードを入力してアクセスポイント名に接続します。これで接続完了です!
今回はWi-Fiのテザリングでしたが、USBテザリングもBluetoothのテザリングも手順は同じです。

回線速度や安定性は?

さて、テザリングを使う上で気になるのが、回線速度や安定性ですね。
これも楽天モバイルの回線で実際に計測してみました!パートナー回線だとまた違った結果になるかもしれないので、そこはご注意ください。

回線速度はまずまず

結果はこのようになりました。
普段使いをする上では問題なしですし、そこそこ快適に使えると感じました。
パートナーエリアの回線だと不安定になるという話を聞きますが、自社エリアもどんどん拡大していますし、そこはあまり気にしなくても大丈夫だと思います。

初めての申込みで13,000円分の還元! /

※乗り換え(MNP)での契約の場合

まとめ

RakutenHandのテザリングですが、容量無制限で使うことができ回線速度も安定していて使いやすい印象を感じました。

料金も比較的安いですし、別料金でテザリングオプションに加入する必要もないのでかなりお得ですね。
それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次