ワイモバイルでPixel7aが半額の27,720円から!詳細はこちら

XiaomiのスマホでデュアルSIMとVoLTEの設定を行う

当ページのリンクには広告が含まれています。

先日Xiaomi(シャオミ)のスマホのMi9T Proを購入しました。
回線はUQモバイルを使用することになったのですが、au系の回線ではVoLTEの設定が必須となり、これを行わないとデータ通信や通話が使えない場合もあります。

作業も通話画面でコマンドを入力するだけでとても簡単なのでこの機会にチェックしておきましょう。

今回はデュアルSIMの設定とVoLTEの設定のやり方をまとめていきたいと思います。

目次

XiaomiのスマホでデュアルSIMの設定を行う

SIMカードを挿入

まずはデュアルSIMの設定です。
本体の下部にSIMカードを入れるところがあるので、付属のピンなどで開けます。

Xiaomi 11T ProのSIMカードケース

一度でもSIMカードを交換したことある人であればこれは問題なく行えると思います。
入れる順番ですがこれは本体のほうでどちらを通話用にするか、データ通信用にするかを選べるので特に気にせずにそのまま入れてください。

ここで忘れてはいけないのが、必ずモバイルデータ通信をオンにして、4Gの設定もONにすることです。

VoLTEの設定

次にVoLTEの設定をしていきます。au回線系のSIMではこの設定が必須となり、この設定を行わないと通話ができない場合もあるので、必ずチェックしておきましょう。
今回僕はUQモバイルの回線で行っていきます。

VoLTEの設定画面はデフォルトだと表示されないようになっているので、電話アプリを起動して以下の番号をダイヤルパッドに入力して発信します。

*#*#86583#*#*

VoLTEを有効にする
「VoLTE carrier check was enabled.」と表示されれば成功。

「VoLTE carrier check was enabled.」と表示されれば無事設定完了です。

そしてKDDIのSIMカード設定を開いてVoLTEを使用にチェックを入れましょう。

これで通話の設定は完了です。何も問題なければSMSも無事届くと思います。

私は通話用SIMにUQ mobileを使っていますが、SMSと通話も無事に使うことができました。

終わりに

Xiaomiのスマホを使うにあたって一番心配だったのが、au回線で通話とSMSが使えるかどうかでしたが、無事にどちらも使うことができました。

やや設定は面倒かもしれませんが、一度設定してしまえばそのまま使い続けられるのでこの作業は必ず行っておきましょう。
それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次