ワイモバイルでPixel7aが半額の27,720円から!詳細はこちら

Dimensity 9000の性能まとめ AnTuTUスコアは100万点超えで8 Gen1+を超えたか?

当ページのリンクには広告が含まれています。

これまでAndroidスマホのSoCといえばSnapdragonというのが定石でしたが、2023年に入りDemensityを搭載するスマホがチラホラと出てきました。

ミドルレンジのRedmi Note 12 Proも先代の11 ProがSnapdragon 695搭載だったのに対し、Dimensity 1080搭載となりパワーアップしました。

そんなDimensityシリーズですが、性能についてはまだまだ知られていないところもあるので紹介していきたいと思います。

目次

Dimensity 9000+のスペックまとめ

4nmのTSMCチップを搭載

https://i.mediatek.com/dimensity-9000

Dimensity9000は最先端の4nmチップを搭載しており、これまでのSoCと比較してもハイパフォーマンスで商品電力が抑えられています。

このTSMCの4nmですが、Mediatek社のDimensityだけでなくQualcommのSnapdragonやAMD、NVIDIAなどにも供給されているとのことです。

最大 3.05GHzのオクタコアCPU

Dimensity9000ですが、一番性能が高いウルトラコアからスーパーコアそして高効率コアを搭載しており、ウルトラコアのArm Cortex-X2は最大周波数が3.05GHzとなっています。

あらゆるアプリケーションで遅延な抑えられており、全体の消費電力も抑えられているとのことです。

AnTuTuスコアは100万点超えの最強スペック

SoCの性能指標としてよく使われるのがみんな大好きAnTuTuですが、Dimensity 9000の場合スコアは100万点超えと文句なしのスペック。

ざっと計測結果を見た感じですが、私が使用しているPOCO F5のSnapdragon 7 Gen2よりも、GPU性能が突出しているなという印象でした。ゲーミングスマホとしては文句なしの性能と言えますね。

Dimesity 9000の搭載スマホ

Dimensity 9000搭載のスマホですが、主なスマホはOneplus Nord 3 5Gや Vivo X80などとなります。
実勢販売価格ですがおよそ10万円弱といった感じで、コスパは比較的高いのかなという印象です。

Dimensity9000搭載のスマホですが、日本語対応の代理店Etorenで販売されているのでそちらもチェックしてみましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次