ワイモバイルでPixel7aが半額の27,720円から!詳細はこちら

iPhoneの中古はどこで買う?おすすめの購入先を4つ紹介するよ!

当ページのリンクには広告が含まれています。

これまでiPhoneを使い続けてきたし、次もiPhoneにしようと思っている人も多いはず。
ですが、最新のiPhone14などはこれまでのモデルと比較すると大きく値上げしてきましたし、なかなか手が届かないという人もいるかと思います(僕もそのうちの一人)

そんなiPhoneですが、中古で購入すると定価よりも安く購入ができますし、品質に関しても保証が付いているところがほとんどなのが意外と知られていません。

この記事ではiPhoneを中古で買う方法とおすすめの通販サイトについて紹介していきます。

目次

iPhoneを中古で買う方法

ワイモバイルの認定中古品

格安SIMで端末と回線をセットで申し込むことで、iPhoneを安く購入できる場合があります。
例えばワイモバイルの認定中古品ですが、ソフトバンク/LINEMO/LINEモバイル以外からの乗り換えという一定の制約はあるものの、乗り換えで回線契約もセットで申し込むことで、特別価格でiPhoneを購入することができます。

最新のモデルにはならないものの、iPhone12以降のモデルであれば普段使いで困ることはまずないですし、保証に関しても8日間は機能不良が発生しても交換することができるので万が一のときも安心です。

乗り換えで最大20,000円のポイント還元!/

※シンプルM/Lプランのみ
データ増量オプションの加入が必要

にこスマ(伊藤忠グループ)

https://www.nicosuma.com

安心の伊藤忠グループの中古ショップである、にこスマも中古ショップの中では人気。
iPhoneだけでも在庫台数はなんと1万台超えで、欲しいスマホがすぐに見つかる在庫の多さも魅力の一つです。

中古品のランクはA~Cの3つ!

https://www.nicosuma.com

中古品のランクですがにこスマの場合はA~Cの3つとなります。まずAですが、これは言うまでも無くほぼ新品の製品となり、

個人的にはBランク以上のものがオススメですが、少しでも費用を抑えたい場合や後々バッテリーを交換する予定がある人はCランクでも大丈夫かと思います。

保証期間について

にこスマの保証期間については以下の通り。

https://www.nicosuma.com

自己都合に関しては発送から14日以内、初期不良に関しては最大1年の保証とかなり充実した内容となります。初期不良に関してはバッテリーや液晶画面などの経年劣化については対象外なものの、万が一のときには安心な内容となっています。

Amazonの整備済み品

意外と知られていないのがAmazonの整備済み品で、こちらに関しても新品と同等の整備済み品が出品されており、お得に購入することができます。

気になるのがバッテリーですが、出品されているのはすべてバッテリー容量が80%以上のもの。
長く使う上でも安心ですし、保証に関しても180日間の返品保証が付いてくるなど充実の内容となっています。

Appleの認定整備済み品

これまで中古でiPhoneを購入するには中古ショップなどでしか購入できませんでしたが、2023年になりAppleが公式で中古品を販売開始しました。これまでMacやiPadなどは販売されてきたので、なぜiPhoneだけ販売されてこなかったのかが不思議で仕方ありませんが、まあそんなことはさておき詳しい内容について紹介していきます。。

保証内容

https://www.apple.com/

公式ということで気になるのが保証の内容ですが、バッテリーに関しては新品同様に交換済みとなり、保証期間はなんと1年とかなり長いのが特徴。また、他の中古品では付属品が一部欠品しているものもありますが、Appleの場合は付属品はもちろんのこと外箱に関しても新品同様に付いてくるのが特徴です。

在庫はやや少なめで価格は高い

https://www.apple.com/

まだ始まったばかりということもありますが、認定整備済み品に関してはラインナップがやや少なめ。
モデルもiPhone12以降のモデルのみで、在庫もPro/Pro Maxなどの比較的高額なモデルがメインとなっています。

一番安くても13万円するのは少し躊躇しますね。ですが、公式のストアということもあり保証に関しても安心と言えるので選択肢に入れておくのも良いでしょう。

iPhoneを中古で買うときの注意点

バッテリー容量は必ずチェックしておくべし!

一番注意しておきたいのがバッテリーの状態で、購入する前にかならず商品ページからバッテリー容量の記述をチェックするのがおすすめ。

基準は通販サイトによって異なりますが、概ね80%以上のものしか出品されないので、購入後も長く使い続けたい場合はバッテリー容量がなるべく100%に近いものを選ぶと安心です(もちろん状態がいいとお値段は高くなりますが)

バッテリーに関しては保証の対象外としているショップもあるので、購入前に必ずバッテリーの状態を確認して、長く使えるモデルを選ぶのが安心ですね。

保証内容は必ずチェック!

一括1円で購入したiPhoneSE3

中古品の購入で怖いのが初期不良ですが、こちらに関しても保証内容や期間をきちんとチェックするのをおすすめします。また、保証期間内でもバッテリーに関しては対象外というパターンもあるので、これに関しては購入時にバッテリー容量をチェックしておくと安心でしょう。

終わりに

何かと不安な中古品のiPhoneですが、保証内容などを事前にチェックしておくことで安心して購入することができます。ただ、Appleの公式販売のように保証内容が充実していたり、バッテリー交換済みとなるとどうしてもお値段が上がってきてしまうので、あえて安いモデルを中古販売店から入手して、あとからバッテリー交換するという方法も個人的にはアリだと思います。

参考になれば幸いです。それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次