ワイモバイルでPixel7aが半額の27,720円から!詳細はこちら

OPPO Reno10 Pro グローバル版のスペック メモリ12GBの良コスパ!

当ページのリンクには広告が含まれています。

OPPO Reno10 Proですが、正式に日本上陸となったものの仕様についてはグローバル版からややグレードダウンされた形で、少し不満に思うユーザーも少なくないかと思います。

OPPO Reno10 Proのグローバル版ですが、日本版と違いメモリは12GBでコスパもかなり良い印象なので、おサイフケータイはいらないよ!というユーザーであれば要チェックのスマホとなります。

目次

OPPO Reno10 Pro グローバル版について

スペック表

OPPO Reno10 Proグローバル版のスペックは以下の通り。

OPPO Reno10 Proのスペック
SoCQualcomm Snapdragon 778G (SDM778G)
OSColorOS 13.1
Android 13ベース
メモリ/ストレージ12GB + 256GB
大きさ162.3mm×74.2mm×7.89mm
ディスプレイ6.7インチ
解像度:FHD+ (2412×1080)
リフレッシュレート:120Hz
重量約185g
カメラメイン: 50MP; f/1.8;
望遠: 32MP; f/2.0;
広角カメラ: 8MP; f/2.2;
フロントカメラ:32MP; f/2.4
バッテリー4600mAh
有線:80W充電対応
端子USB-TypeC
デュアルSIM対応
対応バンド3G WCDMA : Band 1/2/4/5/6/8/19
4G TD LTE : Band 38/41/42
4G FDD LTE : Band 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
5G : n3/n28/n77/n78
価格105,600円(Etoren)
https://www.oppo.com/jp/smartphones/series-reno/reno10-pro/specs/

スペックに関しては概ね日本版と同じですが、おサイフケータイが搭載されていなかったり、メモリが8GBではなく12GBであるなどやや細かい違いがあります。

SoCはSnapdragon 778Gを搭載

SoCはSnapdragon 778Gを搭載でガジェオタ的には「ふーん」ってなりそうなスペックですが、最高設定にしなければ原神もプレイ可能なレベルとはなるので、ゲーミング性能はそこそこといった感じですね。

同じSnapdragon 778Gを搭載したGalaxy A73で原神をプレイした動画となります。結構サクサク動いている印象。

メモリは12GB

OPPO Reno10 Proのメモリですが、日本版は8GBであるのに対しグローバル版は12GBの搭載となっています。

スペック厨のガジェオタは歓喜ですね!

80Wの急速充電対応

OPPO Reno 10Proですが有線で80Wの急速充電に対応。日本市場での発売に伴い、80W充電はワンダフルチャージと名付けられました。

約28分でフル充電可能ということで、忙しい朝などで重宝できそうです。ワイヤレス充電については公式サイトを見ても記載が無かったのでおそらく非対応だと思われます。

OPPO Reno10 Proグローバル版の販売先

OPPO Reno10 Proの販売先ですが、Amazonなどの通販の他、日本語対応の代理店としてEtorenでも販売がされています。Amazonで購入する場合は日本版と間違えて購入しないようにご注意ください。

なお、グローバル版のため技適に関してもご留意ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次