ワイモバイルでPixel7aが半額の27,720円から!詳細はこちら

Redmi Note 12シリーズの日本版はいつ発売?現地点での情報をまとめ

当ページのリンクには広告が含まれています。

すでにグローバル版が発売されているRedmi Note 12シリーズですが、日本版の発売が気になるところではありますね。

先代のRedmi Note 11 Proも格安SIMなどで販売され、品切れも多発していたので後継のRedmi Note 12の発売も期待したいところです。

この記事ではRedmi Note 12シリーズの日本版について、現時点で分かっている情報やスペックについてまとめていきます。

目次

Redmi Note 12シリーズの日本版はいつ?

Redmi Note 13シリーズは日本上陸へ?

Redmi Note 12シリーズは残念ながら日本発売のアナウンスが無いままですが、後継モデルのRedmi Note 13シリーズは日本発売が決まっている?という噂も。

これはGoogle Playの対応機種の一覧にRedmi Note 13シリーズが記載されていることから判明しているとのこと。

Redmi Note 12 Proの発売はどうなる?

エントリーモデルのRedmi 12が発売となりましたが、すでにグローバル版が販売されている12 Proの発売は未だに未定。いつ発売になるのか気になるところですが、まずはスペックを見ていきましょう。

スペック

Redmi Note 12 Proのスペック
SoCDimensity 1080
ディスプレイ6.67インチ, FHD+ (2400 x 1080)
リフレッシュレート:120Hz
OSMIUI14
メモリ/ストレージメモリ6GB〜12GB
ストレージ128GB〜256GB
カメラメインカメラ:5,000万画素
広角:800万画素
マクロ:200万画素
対応バンドFDD-LTE:B1 / B3 / B5 / B8 / B19
TDD-LTE:B34 / B38 / B39 / B40 / B41
5G:n1/n3/n5/n8/n28A/n38/n41/n77/n78
サイズ162.9 x 76 x 7.9mm
バッテリー5000mAh 67W急速充電
重量187g
価格約4万7,000円〜(6GB/128GBモデル)
https://www.mi.com/in/product/redmi-note-12-pro-5g/より

SoCはDimensity 1080を搭載

SoCは先代のSnapdragonではなく、Dimensity 1080を搭載でAnTuTuスコアはおよそ50万点。
先代モデルがスナドラ695で40万点ほどだったのを考えると順当に進化していますが、Redmi Note 12 TurboはSnapdragon 7 Gen2搭載で110万点ほどなのを踏まえると比較的無難な性能だと言えます。

67Wの急速充電対応

バッテリーは5000mAhで67Wの急速充電対応と、先代からほぼそのまま引き継いだような形ですが、性能として十分すぎるくらいですので、特に不満は無いかと思います。

終わりに

Redmi Note 12シリーズですが、先代の使い勝手はそのままにスペックもアップしているので、日本での発売が待ち遠しいモデルとなります。

OPPOのReno9Aでがっかりしてしまったユーザーも多かったので、個人的には早く発売してほしいところですね。それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次