\ ポイント最大11倍! /

Xiaomi 13 Proのスペックまとめ ライカとコラボの1インチセンサーカメラ搭載!

当ページのリンクには広告が含まれています。

XiaomiのハイエンドモデルでSnapdragon 8 Gen 2搭載、カメラはライカが監修のXiaomi 13 Proですが、価格も約10万円ほどでハイエンドなモデルを手に入れることができます。

カメラがライカ監修でセンサーサイズはスマートフォンとしては桁違いの1インチとなり、これまでのハイエンドモデルとは一線を画する性能となっています。

この記事ではXiaomi 13 Proのスペックや価格、そして販売先について紹介していきたいと思います。

目次

Xiaomi 13 Proのスペック

Xiaomi 13 Proのスペック
チップセットQualcomm Snapdragon 8 Gen 2
メモリ/ストレージ8GB/128GB
8GB/256GB
12GB/256GB
12GB/256GB
重量229g
サイズ高さ:162.9mm
横幅:74.6mm
厚さ:8.38mm
ディスプレイ6.73 インチ AMOLED ドットディスプレイ
解像度:3,200×1,440(WQHD+)
リフレッシュレート120Hz
リアカメラトリプルカメラ
メインカメラ:5000万画素
広角:5000万画素
望遠カメラ:1000万画素
フロントカメラ3200万画素
バッテリー/充電4,820mAh
有線充電:120W
ワイヤレス充電:50W
セキュリティ指紋認証
NFC○ 対応
価格54,800(Xiaomi公式ストア)
参照元 https://www.mi.com/xiaomi-13-pro/specs

目玉はSONYの1インチセンサー搭載カメラ

https://www.mi.com/xiaomi-13-pro

Xiaomi 13 Proの目玉はなんと言ってもカメラで、SONYの1インチIMX989センサーを搭載しており、Xiaomiのスマホでもほぼ最強スペックとなっています。一般的にセンサーサイズが大きければ大きいほど夜景などもノイズが少なく撮影できるので、撮影できるシチュエーションが増えるのは嬉しいですね。

Xiaomi 12S Ultraでも採用されていたセンサーですが、Proにも搭載されるようになり手が届きやすい価格になったのも嬉しいですね。

https://www.mi.com/xiaomi-13-pro

ただ、その代償としてレンズはかなり大きく、本体の横幅半分以上の大きさとなっています。個人的には保護フィルム必須かなと思います。

SoCはSnapdragon 8 Gen 2

SoCはSnapdragon 8 Gen 2を搭載で、以前のSnapdragon 8 Gen 1よりも発熱が抑えられており、原神などの割と重めなゲームでも安定してプレイできるとのことです。

AnTuTuのスコアは総合スコアでおよそ120万点ほど。
一般的に50万点ほどあればゲームは問題なく遊べると言われているので十分すぎるスペックだと思われます。

バッテリーは4820mAh&120W急速充電対応

120Wで充電中の画面

バッテリー容量は4820mAhとカメラが大きめな分(?)、ほんの少しだけ小さい印象ですが例によって120Wの急速充電対応でフル充電までは約19分という恐ろしい性能。

またワイヤレス充電も50Wまで対応しており、使いやすさが更にアップした印象です。

GADGET LOG
元祖 神ジューデン? Xiaomi 11T Proの120W充電は驚異的! | GADGET LOG 2022年に発売となったXiaomi 12T Proですが、120Wの急速充電である通称神ジューデンを備えたスマートフォンで、フル充電まで約19分という性能を誇っています。 この120W急...

重量は200g超えと少し重たい

1インチセンサーのカメラを採用していることもあり、重量はおよそ210gと昨今のハイエンドスマホの中でもやや重たいです。

ですが、1型センサーのカメラを搭載でこの重量はかなり頑張っている方だと思いますし、ポケットに入り切らないという大きさでもないので、このサイズで抑えたのはむしろすごいと感じるところではありますね。

Xiaomi 13 Proの価格

Xiaomi 13 Proの価格ですが、8GB/128GBモデルでおよそ10万円ほど。
同じ1型センサーカメラを搭載していたXiaomi 12S Ultraが13万円ほどだったのを考えると、割安感がある値段になっています。

日本では未発売ですがEtorenなどの代理店で販売されています。技適についてはご留意ください。

終わりに

1型センサー搭載のXiaomi 13 Proですが、価格も12S Ultraよりも抑えられている感じで、これならちょっと買ってみようかなと思う人も結構多いモデルになってるのかなと思います。

スマホのカメラはどうしてもセンサーが小さくなりがちで、画素数だけがどんどん上がってしまった印象ですが、こうして大型化してくれると撮れる写真の幅も広がって楽しみが増えてきますね。

それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次