ワイモバイルでPixel7aが半額の27,720円から!詳細はこちら

Snapdragon 8/8+ Gen1搭載スマホの魅力とは? 気になる性能や発熱

当ページのリンクには広告が含まれています。

Qualcomm社が開発するSoCの中でもトップレベルの性能を誇るSnapdragon 8 Gen1ですが、まだまだ搭載している機種は少なく、使ってみたいという人も多いのではないでしょうか?

Snapdragon888の後継として開発されたSnapdragon 8 Gen1ですが、性能は前モデル比で20%向上と圧倒的なスペックを誇っています。

この記事では日本で発売中のSnapdragon 8 Gen 1搭載スマホについて紹介していきます。

目次

Snapdragon 8/8+ Gen 1 搭載のスマホ一覧

ASUS Zenfone9

ASUS Zenfone9のスペック
チップセットQualcomm Snapdragon® 8+ Gen 1
ディスプレイ5.9型ワイド AMOLEDディスプレイ
2,400×1,080ドット (フルHD+) (120Hz)
OSAndroid 12
メモリ/ストレージ8 or 16GB/128GB or 256GB
カメラ背面:5,000万画素 広角カメラ1,200万画素 超広角カメラ
正面:1200万画素 広角カメラ
おサイフケータイ機能
サイズ高さ約146.5mm×幅約68.1mm×奥行き約9.1mm
バッテリー4,300mAh 30W急速充電
重量約169g
価格約100,000円〜

ASUSのコンパクトハイエンドスマホのZenfone9ですが、日本でもまもなく発売という噂があります。
すでに技適は通過しているとのことで、発表は秒読みという感じでしょうか。価格は10万円ほどと予想されます。

※2022年11月に日本での発売が発表されました。価格は8GB/128GBモデルで10万円ほど。

Xiaomi 12T Pro

2022年の12月に日本での発売が決まったのがXiaomi 12T Proです。120Wの急速充電対応で100%充電までたったの19分という鬼スペックのスマホで、おサイフケータイも対応という非の打ち所がないモデルとなります。

AnTuTuスコアは100万点超えでゲーミング性能も抜群のスマホとなります。

価格は8GB/128GBで109,800円から。格安SIMではIIJmioで販売が予定されています。

スマホ特価セール開催中

POCO F4 GT

POCO F4 GTのスペック
メモリ/ストレージ8GB/128GBまたは12GB/256GB
プロセッサSnapdragon 8 Gen 1
ディスプレイ6.67インチ有機ELディスプレイ
解像度:2400×1080 FHD+
リフレッシュレート:最大120Hz
バッテリー4,700mAh(120W急速充電に対応)
カメラリア:約6400万画素 + 約800万画素 + 約200万画素
フロント:2000万画素
対応バンド4G:バンド1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/38/40
5G:バンドn1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/77/78
重量約210g
参照元は楽天の販売ページより

XiaomiのPOCO F4 GTですが、文字通りのフラッグシップモデルでAmazonで販売されているモデルはメモリ12GBストレージ256GBの本気仕様。

価格は7万円〜8万円ほどですが、同等スペックのiPhone14Proなどと比べるとコスパの良さが際立ちます。

Pocof4 GTの詳細についてはこちらから。

OnePlus 10T

こちらは日本未発売となりますが、Xiaomiと並んで格安ハイエンドスマホを販売することで知られる、OnePlusから発売がされています。

価格も100,000円程度。

日本語サポートが受けられるEtorenで販売されています。

Galaxy Z Fold4

https://www.galaxymobile.jp/galaxy-z-fold4/

Galaxyの中でも特徴的な折りたたみスマホで、こちらは日本でも発売が決定しました。

日本版はおサイフケータイ機能も搭載され、使い勝手も抜群です。

Snapdragon 8 Gen1の性能やスペック

2つの特徴

Snapdragon 8 Gen 1は、高度な特徴を備えており、次世代のスマートフォンに革新をもたらしています。

まず、Snapdragon 8 Gen 1は、驚異的な処理能力を備えています。このプロセッサは、クアルコムの最新のテクノロジーを活用しており、高速で効率的なデバイス動作を実現します。それによって、複雑なタスクやマルチタスキングもスムーズに処理することができます。

さらに、Snapdragon 8 Gen 1はAIエンジンを搭載しています。このAIエンジンは、機械学習や自動化タスクなどの高度な処理をサポートし、優れたパフォーマンスを発揮します。例えば、スマートフォンのカメラ機能を最適化するために、画像処理やオートフォーカスの高速化にも活用されます。

前モデルと比較してAntutuスコアは20%向上!

Snapdragon 8 Gen1の性能ですが、Antutuのベンチマークスコアが約100万点とSnapdragon888と比較すると20%向上しています。ちなみにSnapdragon 8+ Gen1は約110万点とほぼ満点に近い数字を叩き出しています。

さらに、Snapdragon 8 Gen 1の高度な5G接続は、高速なデータ通信やストリーミング、オンラインゲームなどにおいても安定したパフォーマンスを提供しており、これによって、ユーザーは遅延や接続の不安定さに悩まされることなく、快適にネットワークを利用することができます。

気になるのが発熱問題

これだけ性能が高いと発熱大丈夫なの?という声もありそうですが、端末によっては専用の冷却システムを採用したりするなど、熱暴走を防止するための機能が備わっています。

中でもPOCO F4 GTはLiquidCool テクノロジー 3.0と呼ばれる液冷の冷却装置を搭載しており、処理速度を落とすこと無く発熱を抑えるような仕組みとなっています。

終わりに

Snapdragon 8 Gen 1搭載のスマホは日本だとまだまだ未発売のモデルも多いですが、これから続々と発売されていくと予想されるので、ゲーミングスマホが欲しいという人にはオススメできるスペックだと思います。

発熱がやや気になるところですが、それ以外を除けば特にデメリットなどを感じることが無いSoCになりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。それでは。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次