ワイモバイルでPixel7aが半額の27,720円から!詳細はこちら

Xiaomi スマートバンド8の日本版が発売へ スペックと価格

当ページのリンクには広告が含まれています。

Xiaomiの安価なスマートウォッチとして、スマートバンドシリーズが存在しますが、中国版ではすでにスマートバンド8が販売されており、そのスペックやグローバル版の発売が気になるところです。

スマートバンド8の価格は約5000円と、先代と比較しても価格が抑えられており、機能もスマートバンド7から更に進化したこともあり、日本での発売も注目されるところです。

この記事ではXiaomiスマートバンド8の情報についてまとめていきます。

目次

Xiaomiスマートバンド8の情報まとめ

スペック

スマートバンド8のスペックは以下の通り

Xiaomiスマートバンド8
ディスプレイ1.62インチ, AMOLEDタッチスクリーン
OSTAndroid 6.0/iOS 12.0 以降 
防水規格5ATM
バッテリー最大16日間持続
サイズ48 mm × 22.5 mm × 10.99 mm 
重量27 g(同梱ストラップ付き)
価格5,990円(Amazon)

先代との違いは?

気になるのが先代との違いですが、ディスプレイのサイズは先代からそのまま引き継いた形にはなるものの、スポーツモードが大幅に増え110種類から150種類に、文字盤の数も100種類から200種類以上に大幅に増えました。

文字盤を買えるのはスマートウォッチの大きな楽しみであるだけにこれは嬉しいですね。

60Hzのディスプレイで操作感抜群!

ディスプレイですが、スマートバンド8になり更にパワーアップし、1.62インチというサイズはそのままですがリフレッシュレートが60Hzで、スムーズでダイナミックな操作感を実現。

私もXiaomiのスマートウォッチは長年使用してきましたが、どうしても操作のもっさり感があったので操作性に関しては抜群に向上したと言えるでしょう。

価格は5,590円〜

そして気になるのが価格ですが、5990円からと先代と比較しても価格はほぼ変わらず、コスパの良さが光ります。

心拍数測定機能や血中酸素濃度機能を備えたスマートウォッチとしてはかなり安価ですし、通常のパルスオキシメーターが4,000円前後をするのを考えるとこれだけの機能で元が取れたと思えるかと思います。

終わりに

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次