\ ポイント最大11倍! /

ワイモバイルの新プランが発表 容量アップも実質的な値上げで改悪!

当ページのリンクには広告が含まれています。

2023年の10月からのワイモバイル新プラン シンプル2が発表され、これまでの増量オプションが廃止されシンプルMプランでは20GBになるなどの変更があります。

ざっくりと内容と見た限りですがワイモバイルの新プランは、UQモバイルに続いて値上げといった感じで、既存のユーザーへの影響が気になるところです。

この記事ではワイモバイルの新プラン:シンプル2の変更点と、今後についてまとめていきます。

目次

ワイモバイルのシンプル2プランが発表 これは値上げだ!

料金表

まず、ワイモバイルの新料金についてまとめていきますが、旧プランと比較すると値上げであることは否めません。表にまとめてみますとこんな感じ。

スクロールできます
プラン名シンプル2 Sシンプル2 Mシンプル2 L
月間データ容量4GB20GB30GB
料金(税込み)2,365円4,015円5.115円
おうち光割
PayPayカード割の料金
2,365円

1,078円
4,015円

2,178円
5.115円

3,278円
超過後の通信制限最大300Kbps
2GB超過後は128Kbps
最大1Mbps
10GB超過後は128Kbps
1Mbps
15GB超過後は128Kbps
通話料30秒22円
使用量が
月1GB以下の料金
1,078円1,078円
シンプル2の料金表

料金表のまとめですが各種プランのデータ容量が増量となりました。

これで料金が据え置きなら何も文句は出ませんが、シンプルSプランの場合2,178円だったのが2,365円に、シンプルMプランの場合は3,278円から4,015円へやや値上げとなりました。

またPayPayカードで支払いすると割引になるというのも、自社サービスへの囲い込みが進むという目論見なのだと思われます。決して悪くは無いと思いますが、すでに違うクレジットカードを利用しているユーザーにとってはメリットが少ない割引ですね。

データ容量超過後の通信制限が強化へ

これはヘビーユーザーにとって悲報ですが、これまでのワイモバイルは容量超過後も無条件で最大1Mbpsで通信が可能でしたが、新プランでは一定の容量を超えると更に回線速度が下がり、最大128Kbpsまで落ちてしまいます。

1Mbpsであれば動画の閲覧は厳しくても、LINEやSNSなど文字だけを見るなら割と使えますし、重宝していたユーザーも多かったのではないでしょうか?

新通話オプションも発表へ

誰とでも定額+スーパー誰とでも定額+
通話時間1回10分以内無制限
月額料金税抜き800円(880円)税抜き1,800円(1,980円)

通話オプションもこれまでのものから刷新され、10分以内の定額プランが880円、無制限の定額プランが1980円となります。これはそこまで高くないなというのが第一印象です。

乗り換えで最大10,000円のポイント還元!/

※シンプルM/Lプランのみ
データ増量オプションの加入が必要

LINEMOなどのオンライン専用プランを選ぶのも手

linemo.jpより

UQモバイルに続いてワイモバイルも値上げということで、個人的には予想の範囲内ではありますが、昨今の光熱費やガソリンの値上がりを考えると、ちょっと厳しいなと思うユーザーも多いかと思います。

ただ、LINEMOやahamoなど大手キャリアのオンライン専用プランでは、まだ値上げがされていないので、こちらを狙ってみるというのもアリだと個人的には思います。

【5月31日まで】
\乗り換えで15,000円分のポイント還元!

※MNPスマホプランを契約の場合
出金譲渡不可

終わりに

ワイモバイルの新プランですが、ユーザーにとっては明らかな値上げといった感じで少し残念ではありますが、電気代の高騰などで基地局の維持費も上がっているという話は耳にしますし、致し方のない部分もあるかと思います。

ただ、料金を据え置いたりサービスを拡充させている格安SIMなどもあるので、そちらも検討してみると良いかと思います。

それでは。

情報ソース、画像引用元

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次