ワイモバイルでPixel7aが半額の27,720円から!詳細はこちら

vivo X90 Pro+のスペックまとめ 1型センサーカメラ搭載の最強スマホ

当ページのリンクには広告が含まれています。

Snapdragon 8 Gen 2搭載のVivo X90 Pro+ですが、日本版は未発売なものの根強いファンも多く注目の機種となります。カメラはスマホとしては最大級の1型センサーを搭載しており、ゲーミング性能だけでなくカメラの性能も他のスマホとは一線を画する性能を誇っています。

背面の素材はなんとレザーで、スペックだけでなく高級感もバッチリの非の打ち所がない最強スマホ。
この記事ではVivo X90 Pro+のスペック、また販売先について紹介していきたいと思います。

目次

Vivo X90 Pro+のスペック

Vivo X90 Pro+のスペック
ディスプレイ6.78インチ 1440×3200ピクセル
リフレッシュレート:120Hz
OSAndroid13 Origin OS 3
SoCQualcomm SM8550 Snapdragon 8 Gen 2 (4 nm)
メモリ/ストレージ12GB/256GB or 12GB/512GB
背面カメラメインカメラ:5000万画素(1型センサー)
広角カメラ:5000万画素
2倍望遠:5000万画素
3.5倍望遠:6400万画素
フロントカメラ3200万画素
サイズ164.4 x 75.3 x 9.7 mm
バッテリー4700mAh
有線充電80W
ワイヤレス充電50W
重量221g
参照元 https://www.vivo.com.cn/vivo/x90proplus/

カメラはSONY製1インチセンサーを搭載

Vivo X90 Pro+の目玉はなんと言ってもカメラで、SONY製1インチセンサーのメインカメラで、これまでのスマホカメラの概念が覆るようなセンサーサイズのカメラです。

https://www.sony.jp/camera-biz/knowledge/basic_knowledge02/

一般的なスマホのカメラは1/2.3型となりますが、1型センサーの場合は約4倍の大きさ。
センサーサイズが大きければ大きいほど、画質だけでなく夜景などの撮影でノイズが少ない写真を撮ることができるので、画素数だけでなくセンサーサイズも注目したいところ。

SoCはSnapdragon 8 Gen 2を搭載

SoCは第2世代のSnapdragon 8 Gen 2を搭載。Antutuスコアはおよそ127万点とほぼ最強に近いスコアとなります。これは2022年になったスマホの中でもトップでAntutuが発表するランキングでVivo X90はトップとなっています。

また、先代のSnapdragon 8 Gen1で心配されていた発熱も改善されており、原神などの重ためなゲームでも安定して動作するとのことです。

バッテリーは4700mAhで有線80Wの急速充電対応

X90 Pro+のバッテリー容量は4700mAhで、昨今のハイエンドモデルは5000mAh超えなのが珍しくないことを考えるとやや小型。1型センサーのカメラがあるので、バッテリーはやや小さいですが80Wの急速充電対応で、フル充電まで約33分という十分すぎるスペックです。

またワイヤレス充電に関しても50Wまで対応しているので、有線だけでなくワイヤレスでも急速充電できるのが嬉しいポイントです。

Vivo X90 Pro+の対応バンド

Vivo X90 Pro+の対応バンドは以下のとおりです。

4Gバンド1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 17, 18, 19, 20, 25, 26, 28, 34, 38, 39, 40, 41, 42, 66
5Gバンド1, 2, 3, 5, 7, 8, 12, 20, 28, 38, 40, 41, 66, 77, 78, 79 SA/NSA

4G回線ですが1,3,8,18,19などの国内の主要バンドには一通り対応しています。また5G回線についても78,79に対応しているので5G回線に関しても主要バンドに対応しています。

[temp id=4]

vixo X90 Pro+の購入方法

Vivo X90 Pro+の購入方法ですが、主に2つあります。日本未発売な上にグローバル版は未発売のモデルとなりますので、技適については十分留意の上購入をお願いします。

中華スマホの購入方法については別記事にもまとめましたので、こちらも参考までに。

GADGET LOG
日本未発売の中華スマホを個人で輸入する方法 安心して買うならこれ! | GADGET LOG スマホやガジェットが好きな人たちの中には中華スマホを個人で輸入して使いたいという人も多いはず。実際、日本で正式に発売されているスマホの数は少ないですし、未発売の...

Amazon

まずは無難な購入先としてAmazonが挙げられます。この記事を書いた時点で価格は12GB/256GBモデルで160,000円ほど。
少し割高な感じもありますが、購入してから届くまでの日数が比較的短いのと、出品者によっては初期不良等の対応もありますので、割と無難な購入先なのではないでしょうか?

Etoren

日本語対応の代理店として挙げられるのが、Etorenというサイトでこちらであれば万が一の初期不良や交換の場合でも日本語でサポートを受けることができます。

価格はこの記事を書いた時点で156,000円ほどとなっています。

終わりに

Vivo X90 Pro+ですが、購入手段は限られるもののフラッグシップモデルのスマホとしては間違いない性能を誇っており、ガジェットオタクに好まれる理由がよく分かるかと思います。

価格は10万円台とそれなりに高いですが、所有欲も満たしてくれるモデルですね。

それでは。

GADGET LOG
Redmi Note 12 Turboの情報まとめ 7+ Gen2搭載でミドルレンジ最強スペック | GADGET LOG [temp id=14] 先日、Snapdragon 7+ Gen2の情報が発表され、その搭載スマホについてもいくつか言及がされました。Xiaomiの中で搭載予定になっているのが、Redmi Note 12 Tur...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パソコン、スマホ、ガジェットが大好きな20代男です。
スマホは圧倒的にAndroid派でXiaomiのスマホを使い続けて早4年。
毎年10台以上のスマホを購入しスマホ回線は4つ持ち。

※特に記載が無い限り当サイトのリンクはアフィリエイトリンクとなります。

目次